ほんまあやにメール amy_honma@yahoo.co.jp

ゆとり主婦の非日常生活

平成生まれの二児の母です。長女5歳、次女3歳。毎日同じことの繰り返しの主婦でいることが嫌です。毎日旅行しているような気分でいたい。悩んでいる主婦を助けたい。母になっても自分の好きなことをしていきましょう!

幸せは服やお洒落なんかじゃないと気がついた。

長年の勘違い

私は小学生の頃から洋服やお洒落が大好きだと思っていました。
どちらかというと大人しめな子というよりは、元気なグループで、スクールカースト的には中学では1軍の下あたり。


f:id:a1017my:20170730162249j:plain


高校ではバリバリの1軍でした。(笑)
友達もギャルっぽい子が多かったので洋服もそれなりに流行りに乗るようにしていました。
好きなブランド(好きだと思っていた)もありましたし、中学からアイプチ、つけまつげはかかせませんでした。
その勘違いはミニマリストの生き方を知ってから、変わりました。

母になってもバリバリ勘違い

母になってもまだ本当は洋服やお洒落がそんなに好きじゃないってことに気がつきませんでした。
いや、薄々気がついてはいたのですが、人の目を気にして、洋服やお洒落に興味のあるフリをしていました。
フリフリの洋服にハマったこともありました。
姫系ってやつですね(爆)
雑誌とかモデルさんをみて、自分の好きなもので固めてるのがかっこいいなと思っていたから、同じようなものを集めたり着ていたりしました。
たいして好きじゃないものにお金をかけるのは今思うと本当にバカらしいのですが、そのときは分かりませんでした。
物じゃないんだって気がついたのは、ここ一年くらいです。
いろいろ系統を変えてきた私がやっと、やっと、洋服はそんなに好きじゃないってことに気がついたのです。

ミニマリストとの出会い

ある日、本屋さんでゆるりまいさんの「私のウチには、なんにもない」を読みました。
ものを集めたりすることしか考えられなかった私の全く逆の、ものを持たないという発想はすごく驚きでした。
そこから捨てることに目覚め、ミニマリストの方のブログや本を読み漁りました。
またどうせ好きなものが変わるんじゃないかという思いもよぎりませんでした。
本当の自分はこれなんだ。と気がついた瞬間でした。

やっと好きなものに気がついた!

今では、私の大好きなもの(こと)は、胸をはって言えます。
子供達が大好き!!温泉が大好き!旅行(日本)が大好き!!食べること大好き!!
反対に、そんなに好きじゃなかったことは、洋服、身につけるもの全般、インテリア、飾り物、などでした。

洋服にはお金をかけないことに決めました。

洋服にこだわりはありません。
好きなブランドもありません。
(でも極度にださい、貧乏ったらしい、汚れてる、常識から外れてたりするのは却下です。)

欲をいえばシンプルでババくさくなく、楽に着れる洋服。
だからガウチョパンツは好き。
まぁ普通の格好ができれば充分なのです。
私の小学校からの友達で今も仲のいいお洒落で可愛い友達がいるんですが、たまに会うと洋服をくれます!
なので基本的にはその子のお下がりか母の服で毎日過ごしてます!笑
これで充分すぎるほど充分!
まぁどうしても足りない場合や、たまーに可愛いと思うものもあるのでそのときは買いますが♪

でも、洋服にお金かけるんだったら一回おいしいランチを食べた方がいい。
子供と温泉に行って楽しい思いをしたほうがいい。
そんなことに気がつかせてもらえた、いつも笑顔でいてくれる子供達、ゆるりまいさんとミニマリストさん達に感謝です。


このブログを読んでくださっている読者さんは、本当に好きなことをしていますか?
本当に幸せだと思うことをしていますか?
人の目を気にするのはもうおしまいにして、自分に嘘をつかず、自分らしく生きてみませんか?